金融・経済チャンネル

事業資金融資の種類について
事業資金の融資が可能な金融機関は幾つかありますが、銀行系の融資と、ノンバンク系の融資では、条件が少し異なります。
土地などを担保に入れる場合と、担保を使わずに事業資金の融資を受ける時とは条件が違います。
無担保のローンと、有担保のローンとでは、差が大きいといえます。
中でも事業資金の融資先として最優先で利用したいのは、やはり銀行系の金融機関でしょう。
事業資金を銀行から融資してもらう時に、担保を用意できるのではあれば、結構な金額が期待できます。
銀行から事業資金を融資してもらうと金利が低いといいます。
銀行系の事業資金融資なら、返済期間までを長めにすることもできるといいます。
今すぐ事業資金を必要としている人には、銀行の融資はおすすめできません。
銀行の審査は時間がかかりがちなためです。
すぐに事業資金を用立てたい時に銀行系の事業資金を申し込んでも、最終的に断られたり、待機期間が長すぎたりします。
できるだけ早めに申し込むことが大切です。
金融会社の中でも、ノンバンク系の金融機関から事業資金の融資を受ける場合は、審査が短期間で済んで速やかに資金を得ることができるでしょう。
特にノンバンク系の場合は、事業資金融資の審査にかかる時間が短いので、すぐにお金が必要になった時にとても役立ちます。

 

無利息融資の種類

無利息での融資という借り方が、一般的になっているようです。
知名度の高い無利息融資といえば消費者金融会社のものですが、他にはどういった金融会社の融資が存在しているものでしょう。
生活福祉資金貸付は、無利息での融資を行っています。
低所得世帯や、障害者世帯、高齢者世帯の生活支援を目的としたものです。
在宅福祉や社会参加を促すことが目的で、経済的自立をさせるためにする無利息融資なのです。
無利息で融資をすることで、所得が低くでも就学資金が確保しやすくなります。
介護を目的とした融資が必要な場合や、高齢者、障害者、低所得者の世帯には融資が無利息で利用可能です。
対象世帯で無利息で融資を受けたいという場合には、各市町村、福祉事務所などの窓口で相談しましょう。
この他には、交通遺児等貸付が知られています。
交通事故で保護者にもしものことがあった時に、子育てに行き詰まることがないよにと、子供を育てるために必要なお金を融資します。
無利息期間は、義務教育が終わるまでです。
交通遺児等貸付は無利息ですが、借りたお金は貸付期間から1年後から返さなければなりません。
高校や大学に進学した場合には、卒業するまで猶予期間があります。
就農支援資金という、就農の支援するための無利息融資もあります。
無利息で融資を受けることで、就農するために必要な技術を身につけたり、設備を整えたり、必要な器機を揃えたりといったことがしやすくなるようにしています。
さまざまな無利息融資があるので安易にキャッシングを考える前に検討してみると良いでしょう。

 

住宅ローンと必要なシュミレーション

住宅ローンのシュミレーションには、いくつか種類があり異なる面からローンを比較検討できるようになっています。
どのようなシュミレーションのパターンがあるでしょうか。最もよく行われるシュミレーションは、いくらまで借入ができるかを知るための計算になります。
特に共働きの家庭の場合は、2人でいくらまで住宅ローンを借りられるのかを知る必要があります。
借入金の返済スタイルや、1ヵ月の返済金額はどの程度に設定すべきかも、シュミレーションで決めておきたいことです。
毎月の返済金額を確認し、家計からどのくらいの金額を返済に回すかは、シュミレーションをしながら現実的なラインを探っていきます。
住宅ローン金利は金融商品ごとに異なっていますので、それぞれの住宅ローンごとにシュミレーションをしてみる必要があります。
毎月の金額や支払い総額を比較することで、自分の計画に適したローンがどれなのか見分けることができます。
住宅ローンを利用する際に必ず確認しておきたいのが、繰り上げ返済です。
完済までの時間が長いことが住宅ローンの特性ですが、返済ができる時に多めに払っておく繰上げ返済を利用することで、完済時期を前倒しにできます。
住宅ローンの繰上げ返済のシュミレーションをする際には、子供の進学等のまとまったお金が必要な時はなかなか難しいものです。
返済に余裕のある年に積極的にローンを返していくことで、最終的な返済が終了した時点での返済総額を大幅に減額できる場合もありますので、シュミレーションで確認してみましょう。
どういった返済の仕方が自分に合っているかをシュミレーションで確認します。繰上げ返済はしないという結論もありでしょう。
余裕のあるうちに、前倒しにして返済を済ませてしまいたいと考える人は少なくありません。
住宅ローンを繰上げ返済することについてシュミレーションをしてみましょう。

銀行融資の審査など

銀行系融資の審査は、他の系列融資の審査より厳しい傾向があります。
ダイレクトに銀行が行う融資ほど大変ではありませんが、消費者金融系、信販系の融資会社よりは、銀行系のほうが厳しいといわれています。
基本的なところはきちんとチェックされますので、申込み時の書類に不備がないよう確認をしっかりしましょう。
電話番号や住所にミスがあると、審査をされるときに虚偽の申告となりマイナスポイントです。
銀行系融資の審査で重視されるのは、過去の融資利用履歴です。
気を付けたほうが良いのは、今すでに他の融資会社から融資を受けている人や、融資を金融会社からうけたときに支払しない時期があった人です。
他社の借入件数も重視されます。返済を前倒しにして借入件数を減らすことも、複数の融資会社から融資を受けている場合には考えてみたほうが良いでしょう。
銀行系融資は総量規制の対象になります。
年収の3分の1を超える、融資の融資を受けることはできないと決まっています。
総量規制の対象なっていない銀行などで融資を受ける必要があるのは、もうすでに借り入れ済みという人です。
それぞれの金融会社によって審査基準は異なりますが、やはり他社と比較すると銀行系融資は審査が厳しいことが多いようです。

自己破産者は融資を受けられるのか

さまざまな理由で自己破産をしてしまった場合、借金はなくなるとはいえデメリットはたくさんあります。
クレジットカードの審査には必ず断られますし、自己破産者であるという情報が信用情報会社に長くて10年間残ることになります。
ブラックリストと呼ばれるものですが、掲載されてしまうと銀行や金融機関などで融資をしてもらうことが非常に難しくなります。
返済義務を放棄できる代わりに、自己破産者は社会的な信用をなくしてしまうというわけです。
審査に通りにくい状態は、法律で定められた7年より長く続くことが一般的です。闇金融ならば、自己破産者に融資をすることがありますが、リスクの高い行為です。
闇金融からお金を借りようとすれば、どうしても高い金利での借入になってしまうことでしょう。
自己破産をすると何年も住宅ローンはおろか車のローンさえ組むことが難しい状況になってしまうのです。
返済が難しいという状況にある人は、自己破産を検討する前に、他の手立てはないかを検討してください。
地域の自治体に出向いて相談するという方法もあります。自己破産者の経験がある人は、再度自己破産者になることがないように、融資には敏感になることです。
自己破産者になったことで、家族や身近な人にも関わる問題に発展してしまっていることを知りましょう。
融資を軽い気持ちで利用して、自己破産者にならないようにしてください。